スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノロウイルスに気をつけましょう

この時期になると猛威を振るうノロウイルスについて本日はお話を
一言で言えば「食中毒」である
症状は
ノロウイルスを含む食品などを摂取した後1-2日の潜伏期間を経て
急性胃腸炎の症状が現れる。
潜伏期間は他の細菌性の感染型食中毒に比べると短い部類にあたる。
多くの場合、嘔吐、下痢、腹痛が見られ、微熱を伴うこともある。
症状の始まりは突発的に起こることが多く、
夜に床についていたら突然腹の底からこみ上げてくるような感触がきて吐き気を催し、吐いてしまうことが多い。
しかもそれが一度で終わらず何度も激しい吐き気が起ったり
吐いたりして、吐くためにトイレの便器のそばを離れられないといったことも起きる。
しかも、無理に横になろうとしても気持ち悪くて横になれず
吐き気が治まった後は、急激且つ激しい悪寒が続き
さらに発熱を伴うこともある。
これらの症状は通常、1、2日で治癒し、後遺症が残ることもない。
ただし免疫力の低下した老人では、死亡した例も報告されている。

また感染しても発症しないまま終わる場合(不顕性感染)や
風邪と同様の症状が現れるのみの場合もある。
よく、「嘔吐、下痢、腹痛を伴う風邪」という表現があるが
それはノロウイルスによる感染症である可能性が高く
風邪ではない可能性が高い。
これらの人でもウイルスによる感染は成立しており
糞便中にはウイルス粒子が排出されている。

感染経路
1:食中毒:ウイルスを蓄積したカキなどの生食およびウイルスで汚染された食品を喫食して経口感染するもの
2:感染性胃腸炎:1によって感染した患者(あるいは1から2を経て感染した患者)の糞便や嘔吐物に排出されたウイルスから経口感染するもの

感染型食中毒
ノロウイルスによる食中毒は、カキやアサリ、シジミなどの二枚貝によるものが最も多いと言われている。日本では主として秋から冬場に発症する例が多いが、これは、カキを生食する機会が冬場が多いからではないかと考えられている。

伝染性胃腸炎
糞口感染とも呼ばれる。ノロウイルスはヒトの腸壁細胞に感染して増殖し、新しく複製したウイルス粒子が腸管内に放出される。
ウイルス粒子は感染者の糞便と共に排出されるほか
嘔吐がある場合は胃にわずかに逆流した腸管内容物とともに
嘔吐物にも排出される。
糞便や嘔吐物がごくわずかに混入した飲食物を摂取したり
汚物を処理したときに少数のウイルス粒子が手指や衣服
器物などに付着し、そこから食品などを介して再び経口的に感染する。

治療
2006年現在、ノロウイルスに有効な抗ウイルス薬は存在しない。
下痢がひどい場合には水分の損失を防ぐために輸液などを対症療法的に用いる場合がある。

感染予防
特に調理者が十分に手洗いすること
調理器具を衛生的に保つことが重要である。
ノロウイルスはエンベロープを持たないウイルスであるため
逆性石けん(塩化ベンザルコニウム)
消毒用エタノールには抵抗性が強いが
手洗いによって機械的に洗い流すことが感染予防につながる。
また加熱によって感染性を失うため
特にカキなどの食品は中心部まで充分加熱することが
食中毒予防に重要である。
生のカキを扱った包丁やまな板、食器などを、
そのまま生野菜など生食するものに用いないよう
調理器具をよく洗浄・消毒することも大事である。

充分気をつけましょうね!

スポンサーサイト

comment

Secret

LINKS
RSS
Pickup Link
Archives
FC2Bookmark
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。